長野県針灸師会はあなたの健康、生活、スポーツをサポートしていきます!

鍼灸net
公益社団法人 日本鍼灸師会

鍼灸の可能性

スポーツ障害と鍼灸

 鍼灸治療は、野球・サッカー・テニス・ラグビー・バレーボール等の球技や相撲・柔道等スポーツ全般の治療に大活躍しています。鍼灸は血液循環を良好にし、新陳代謝を促進するなど疲労回復に大きな力を発揮することから、練習の疲労を取り除き、故障やケガの予防、試合前の調整、精神の安定を図るなど練習や試合に万全の体制で臨めるよう役立っています。

 (一社)長野県針灸師会では、鍼灸医療ボランティアとして長野五輪でも多くの選手などに治療を施し、大変喜ばれました。

生活習慣病と鍼灸

 鍼灸治療は痛みに効くことはよく知られていますが、高血圧症・心臓病・肝臓病などの生活習慣病に効果があることは一般にあまり知られていないようです。しかし、鍼灸には免疫機構に働きかけたり、内分泌や自律神経の調整、精神の安定を図る等々の効果が学会や有名な医療研究機関で証明されています。これらの鍼灸の効果を大いに活用して、生活習慣病を克服し健やかな生活を送って頂きたいと考えています。

アトピーと鍼灸

 近年、アトピー性皮膚炎で悩んでいる方が、子どもだけでなく大人にまで増えてきていますが、まだ原因は明確には解明されていません。従って、治療方法も様々な面からアプローチされており、NHKの番組『クローズアップ現代』では鍼灸治療もアトピー性皮膚炎に対して有効であることが紹介されました。

子どもの病気と鍼灸(夜尿・夜泣きなど)

 子どもに対する鍼灸は、昔から「チリゲの灸」や「虫ばり」の名で一般に親しまれています。小児鍼が効くのは、鍼による皮膚刺激が自律神経を介して脊髄や脳、さらに各臓器へと伝わり、内臓の働きを活性化させ、体液を安定させて抵抗力のある身体づくりを促進させるからです。

女性と鍼灸(アンチエイジング・生理痛・妊娠など)

 肌荒れやくすみ・小じわ・クマ・むくみなどは何らかのトラブルのシグナルでもあります。鍼灸治療によって、内臓や全身的なトラブルが改善されることで、肌トラブルが解消することもあります。きっかけは美容でも、“目の疲れ”とか“首のコリ”等がとれるのが、鍼灸の強みです。東洋医学では身体全体を診てトラブルの原因を把握し、バランスを健康な状態に戻すからです。

 女性ならではの生理痛や月経前症候群で悩んでいる場合にも、鍼灸で悪循環を立ち切ることで、人生が大きく変わるケースさえあります。

 

 (一社)長野県針灸師会は、信州大学医学部のご協力を得て学術講習会を毎年開催し、解剖生理学から免疫学、また小児科・皮膚科・婦人科など様々な専門分野の学習を重ねています。